カウザルギー (生き地獄のような日々 交通事故の後遺症)

私は15年ほど前に交通事故にあい、その後遺症で、カウザルギーという激しい灼熱痛に悩まされる神経系の病気になってしまいました。この病気は難病指定されてはいませんが、現代の西洋医学では治療法がありません。私は鎮痛剤としてモルヒネやケタミンなどの麻薬を常用しています。それでもほとんど効果がなく、1日24時間、分刻みで襲ってくる激痛のせいで、ろくに眠った事もありません。
痛みの為に、生き地獄のような日々を送っています。少しでも楽になりたいと、海外の医療文献等を読み漁った処、自分の病気には医療大麻が効果がありそうな気がします。
国内では大麻取締法と言う物があり、医療麻薬として試す事すらできません。
他国で医療効果が認められている物を、試すことすら許さない大麻取締法は他の医療麻薬とのバランスが取れていません。何故なのでしょう???
できれば渡米して大麻を試してみたいと思いますが、日本には麻薬特例法があり、このような目的で渡米することが許されるのか、私には気になるところです。

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る