韓国の医療大麻合法化運動

 

  2018年1月5日、韓国民主党の11人の国会議員が、麻薬類の管理に関する法律の一部改正案を発議した。(上記動画:韓国国会前のデモ

 

  日本でも新党改革の荒井議員が国会質問をしたことがあるが、事前調査不足のせいか突っ込みが甘く、厚労省と警察にうまくかわされてしまった。
  タイは来年1月から合法化が始まるが、日本人を受け入れるかなど詳細については調査中。
  麻薬犯罪者はその場で撃ち殺せというフィリピンですら、医療大麻は別扱いとなっている。
  北朝鮮にはそもそも大麻を取り締まる法律がない。

 

  極東アジア地域の経済大国日本としては、医療大麻についても先進的役割を果たさねばならないところだが、実際は、最も遅れた国になっている。
  日本の貧しい状況について、NPO法人 医療大麻を考える会は、自らの「不甲斐なさ」を痛切に反省している。
  患者、家族、支援者の皆さん。今、がんばれば必ず勝てます。がんばりどころです。
  がんばりましょう。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る