大麻非犯罪化論

  欧米ですすむ大麻の非犯罪化。日本でも少量の所持使用は罰金でいいのではないかという試論。

 

  「大麻(マリファナ)規制の是非について」 宮尾茂 社会医学研究31巻2号 2014年

 

  この筆者は、大麻に有害性があったとしても、「非犯罪化すべき」という提案をしています。このような主張が法律の専門家からなされることは極めて稀で、最近ではもっとも新しいものです。
  医学上の誤解や古い情報がいくつか見られますが、私は意図的に間違ったのではないかと勘ぐってます。
  当局を恐れてか、筆者名で検索しても何もでてきませんし。

 

  なお大麻非犯罪化というのは刑事罰ではなく行政罰で、スピード違反のように罰金は科せられるが逮捕され前科がつくようなことはない処分です。前科にならないからといって何度もスピード違反する者はいないし、悪質な繰り返しは逮捕されるので、一定の規制力にはなります。

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る