線維筋痛症(FMS)、原因不明の嘔吐、後鼻漏 2017年4月9日

————————————————
差出人 : 患者さん本人
病名   : 線維筋痛症(FMS)、原因不明の嘔吐、後鼻漏
————————————————
メッセージ本文:
私はFMS(線維筋痛症)です。
8年ほど前からこの病気と戦っています。
痛くて動けず、今は寝たきりです。
20種類あまりの鎮痛剤を試しました。神経ブロックもやってみました。他にも、あらゆる手を尽くしましたが、のたうち回るような痛みは消えてくれませんでした。
あまりの痛さに病院で「モルヒネを打ってくれ」と頼んだこともあります。
しかし、断られてしまいました。

 

それどころか、あまりの痛さに自殺を図ったところ、隔離病棟に入れられてしまいました。
痛い、痛いと叫んでも、誰も助けてくれませんでした。
日本は、こういう国なんだ…と愕然としました。

 

私は元々大麻は麻薬。怖い。と思っていた人間で、高木沙耶さんが逮捕された時も、「悪い人だなあ」としか思いませんでした。
しかし今は、その印象が大きく変わっています。
あまりの辛さに色々調べ、医療大麻に行き着き、医療大麻のことを勉強していくうちに、私はメディアの言う事を鵜呑みにしていたんだ、と気付かされました。

 

今は家族の助けと、前田さんの「遅くとも今年以内にはグアムで治療が受けられるから、死なずにがんばってください」という言葉を支えに生きています。
正直、毎日ギリギリですが…。

 

日本の医療は助けてくれませんでした。
グアムは日本に近く、人も優しいのでグアムで治療できたらとても助かります。
どうかグアムに助けて欲しいです。
座っているだけでも辛いので、飛行機に耐えられるか心配ですが、「グアムならなんとか行けるかもしれない。」と、希望を胸に毎日を過ごしています。

 

唯一残った希望です。
どうか、一日も早くお願いします。
助けてください…。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る