トゥレット症候群(主に音声) 2017年4月6日

————————————————
差出人 : 患者さん本人
病名   : トゥレット症候群(主に音声)4歳~ 難病指定はされていません。
————————————————
メッセージ本文:
初めまして。
医療用大麻には以前から興味があり、色々調べている内にこの医療大麻を考える会と出会いました。

 

幼少期からトゥレット症候群を患っており、日本では過ごし辛い毎日を過ごしておりました。
私のトゥレットは、音声が主ですので、周りからの陰口や直接店を追い出されたり、暴力を振るわれたこともあります。
その結果、鬱状態のようになってしましました。

 

トゥレット症候群は、難病指定されていない難病と言われている難病です。
現在、この病気に有効な流通している薬もあるのですが、副作用が強く他の病気を患ってしまうようなものです。
また、完璧に治すものではありません。

 

その点、ヨーロッパではトゥレット症候群に対して、医療大麻(マリファナ)が非常に有効であるということが
注目されています。
副作用がないうえ、トゥレット症候群の症状が非常に抑えられるものです。

 

私は、今勉強のためドイツで生活しております。
ドイツでは2017年1月19日に、難病患者に対し医療大麻の使用が合法化致しました。
病院で医師と話し、必要であると認められたら、処方箋がもらえ薬局で購入できるようになるようです。

 

私自身試したい気持ちもありますが、試せるかどうかわからないので、
3月に施行されてから、病院に相談しようと考えております。

 

医療大麻は、たくさんの命、気持ちを助けることの出来る可能性を秘めていると思います。
日本では、未だに強く禁止されていますが、この状況を変えないといけないと考えております。

 

微力ではありますが、私もドイツやヨーロッパの状況なども見ながら、
少しでも医療大麻に対し活動出来たらと考えております。
応援しております。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る