CRPS 2017年4月3日

————————————————
差出人 : 患者さん本人
病名   : CRPS(難病指定無し)
————————————————
メッセージ本文:
手首骨折から、CRPSになりました。
起きている時は勿論、寝ている間も痛みに関する夢ばかり。
目覚めは激痛で…です。
24時間、激痛。大抵の治療はやりました。
治療法がないと言われるCRPS。沢山のCRPSに関する文献を集め、細かい英文と医学用語も調べ、読みつくし、その中から日本でも認可されている治療法を抜き出しては、担当医に提案してきました。
だけど結果は思わしくなく、他の痛みを伴う病気の治療法の中から、CRPSにも合うだろう…と思う治療法を担当医の麻酔科医に相談してみました。
再生術や再建や移植は私の希望だった。
私は中枢神経や関節軟骨を再生したい…と言っている訳じゃない。
難しい事なんて言っていない。
心臓にだって、心筋シートがある。
次は私達CRPS患者に、再生・再建・移植術が、治療法として認められると希望していました。
厚労省にも訴えてきました。
膝の軟骨再生術はショックだった。
CRPSだけじゃなく、痛みがある患者に厚労省は冷たい。
再生・再建・移植は外科医の協力なしでは叶わない。だけど外科医の答は「悪化する。やりたくない。それにCRPSの治療法じゃない」でした。治療法がないんだから治る可能性があるなら、と思ったのに…
運動器カテーテルに関しても、麻酔科医が賛成しても、外科医には反対されました。
(カテーテルに関しても厚労省に提案したんですが…)
結局、私にはもう、治療法がない。
医療用大麻が必要なんです。医療用大麻を認められるためなら、私は副作用にだって、耐えます。研究の対象にだって、なります。
私はただ、痛みがない日常を送りたいだけなんです。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る