幹部定例会 2016年9月24日

  昨日(9月24日)、渋谷の居酒屋で幹部定例会を開催しました。

 

  参加者は、医師3人を始め、薬剤師、患者団体関係者、薬学雑誌記者、さらにある病院の研究員らも加わりました。

 

  基本的人権、人道的な見地から、当局の制度的矛盾を突いていくことに決定。

 

  大麻弾圧が最高潮だった1970年代、アメリカでは緑内障の患者が法務局、厚生省などを訴え、勝訴しました。

 

  詳細は後日公表しますが、当局にとっては山本医療大麻裁判よりキツイものになります。
  そのためには患者さんの力が必要です。

 

  今後は患者さんを中心にした定例会も開催していきます。

 

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る