製薬企業は涙目?大麻使用者の80%が処方薬を止める

  大麻使用で処方薬、酒、麻薬を止めた人が80%

 

  治療法としてカンナビス(大麻)を使用している成人472人に対するアンケートによれば、うち87%は処方薬やアルコール、その他の麻薬などを止めてカンナビス に切り替えたと答えています。40歳以下の成人は、これら3種のもの全部を止めてカンナビスに切り替える傾向が強いようです。

 

  回答者の80%が処方薬の摂取を止めてカンナビスの使用に切り替えたと伝えていますが、これは中でも製薬企業が最も懸念し、ぐるの国会議員にすり寄って行きそうな驚きの事実です。さらに52%の人はアルコールを止めて、さらに32%は違法物質を止めてそれぞれカンナビスに切り替えています。

 

  その他、おもしろい海外医療大麻記事が翻訳掲載されています。
  → 世界の裏側ニュース

 

  日本でも合法化にあたっては製薬会社と厚労省の抵抗が予想され、それはアメリカより強いかもしれません。厚労省には製薬企業の利益より、国民の健康と命を最も重視していただきたい。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る