アトピー性皮膚炎、気管支喘息 病歴25年 匿名希望 2016年7月8日

————————————————
差出人 : 患者さん本人
病名   : アトピー性皮膚炎、気管支喘息 病歴25年
————————————————
メッセージ本文: 
アトピーの治療法をネットで調べているうちに、医療大麻に辿り着きました。
生まれつきのアトピー性皮膚炎で、現在は日常生活に支障はきたさない中程度の症状です。肌の痒みは程度の差があれど常にあり、湿疹が多く他人の肌と比べて汚い自分の肌を見るのも嫌です。気管支喘息も併発しており、ストレスがかかると発作が起きる事もあります。
調子がいい時は上手く薬でコントロール出来ているものの、年を追うごとにステロイドの強度が強くなり、いつか効かなくなるのではととても不安です。
調子が悪くぶり返すと、数週間は痒みに苦しみ、何か食べただけで顔や頭に湿疹が出来たりするので味わって食べることも出来ず、痒みからくる恒常的な精神不安にも悩まされています。
肌が痒くて仕事に行けず支障が出たり、湿疹が出た状態で人に会いたくなくて、それが原因で誤解を生み疎遠になる友人もいたりと、アトピーという病気が人になかなか理解されずに途方に暮れておりました。なぜ私は、人並みに美味しい物を味わったり親しい人との交流を制限されなければならないのかと、どうしようもない怒りを溜め込んでおりました。
病院で処方される薬だけでなく、漢方や非ステロイド軟膏など様々な民間療法も試しましたが、結局は依存性の強いステロイドの効き目が抜群で、ずっと頼りっぱなしはいけないと思いつつも使わざるを得ない状況です。
アトピーの主要な原因はストレスだと実感しております。
大麻に含まれるTHCという成分が精神に作用しリラックス効果を生むと聞き及び、痒みや肌の汚なさからくる恒常的な精神不安も除去できるのではと思います。完治まではいかないものの緩和はするのではと期待しています。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る