英字新聞ジャパン・タイムズ紙が山本裁判を報道 2016年6月30日

  第四回公判が終わって廊下にでると、The Japan Timesの記者が、「ちょうどできあがりました」といって、山本さんの記事がでている新聞を配ってくれた。
  記事は2面にも続き、内容は濃い。

 

 

 

  ※記事全文は、ジャパンタイムスのWEBサイト「Man in race against cancer leads Japanese fight for medical use of marijuana」で確認ください。

 

  [画像 左から順に] がん患者であり被告の山本氏、大麻の有用性を訴えるがん専門医の福田医師、カナダで栽培される医療大麻

 

 

 

  しかし山本さんはいつ見てもダンディだなあ。モデル級だね。

 

  ところで、今後は国内のメディアだけでなく、海外のメディアにも「日本の驚くべき後進性」という切り口で、この裁判は紹介されることになるだろう。
  と、思っていたら、さっそくニュース配信会社のロイターから取材の申し込みがあった。ロイターやAPは契約している日本や海外の新聞社に記事を売り、情報料を受け取る。だからあまりお粗末な記事は書けない。
  ただ山本さんの体調がすぐれず、裁判を優先させることを考えて、取材は7月12日の山本さんの証人尋問が終わるまで待ってもらうことにした。
  取材されればアメリカで数紙、イギリス THE GUARDIAN やフランス、ドイツなどの新聞で大きく報道されることになるだろう。日本は外圧に弱いので、政府は耐えられなくなるだろうね、ざまあ、みやがれ、だ。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る