神経性過敏大腸炎 オーストラリアNSW在住のアキラ 2016年5月13日

————————————————
差出人 : 患者さん本人
病名   : 神経性過敏大腸炎
————————————————
メッセージ本文:
始めまして。現在がんに対する医療大麻が合法化されたオーストラリアNSW在住のアキラと申します。
私の住むNSWでは大麻文化が非常に盛んであり、人々は小さいころから大麻と暮らしてきた方々ばかりです。
自分は12歳頃から神経性過敏大腸炎を患い、漢方薬、処方箋等数多くの薬を試してきましたが一切の効果はなく、
日本で大変窮屈な思いをしてきました。
そして現在29歳。
もう10年以上もこの病気と過ごしてきました。
基本的に電車やバス等の公共交通機関に乗ることはもとより他人の運転する車などでも乗るとお腹が痛くなりトイレに行きたくなるという病気です。
当然なんどもトイレに行くので常に下痢状態。
朝、仕事に行くのも辛い事が週に3~4回あるという毎日でした。
そして人生の転換になるかもしれない!と思い向かった先はオーストラリア。
最初はサーフィンや英語が目的でした。
病気の事ももう治ることはない。うまく付き合っていこうと考えていたころでした。
オーストラリアではサーフィンなどをしていると多くの仲間からマリファナ「大麻」が回ってきます。
ある友人は自分の母から「タバコよりも大麻を吸え。すべての病気に効くから」と。
自分も最初はタバコやアルコール感覚でした。
しかし吸ったその日から翌日、全くお腹が痛くならないのです。
最初は「珍しく調子がいいなぁ」位でした。
しかし大麻を吸った日は必ずと言っていいほどお腹の調子が良いのです。
10年以上も付き合ってきた病気です。
まさか・・・とは思いました。
しかしそれでも吸えば痛くならない。しかも痛くなってからでも効果があるのです。
この頃から大麻に対する考え方が変わりました。
日本の麻文化の事も、大麻そのものについても。
調べれば調べるほど麻は素晴らしい植物だ。という事がわかりました。
自分には知恵も無く、今回の件も何かの医学的証拠があるわけでもありません。
しかし僕のお腹は確実に今調子が良い。
現在では下痢も改善しました。
同じような病気に苦しむ人はもっといるはずです。過敏大腸炎は身近な病気です。
ぜひ自分と同じ腹痛に悩む方達にも試してもらいたい。
また自分は祖父をがんで亡くしました。
ここオーストラリアを含めアメリカではがんに対する医療大麻の推奨がどんどんされています。
「大麻があればもう少しじいちゃんも長生きしたのかな・・」そう考える日少なくありません。
英語をここオーストラリアで学び、今後も大麻について良い部分も悪い部分も勉強をしていこうと思います。
素晴らしい植物大麻。
日本人はもっときちんとした形で大麻を学ぶ必要があると僕は思います。
長文失礼いたしました。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る