山本医療大麻裁判 第二回公判 報告 2016年5月2日

  4月27日 山本医療大麻裁判の2回めの公判がありました。
  山本さんの病状や医師の診断などの証拠が提出され、検察はそれらを証拠として採用しました。残りの証拠は次回に提出されますが、大麻取締法3条と4条は違憲であるという証拠が多いので、検察が受け取るかどうか微妙。

 

  傍聴人は50人ぐらいでほとんどの人が法廷を見ることができませんでした。次回(6月)も同じ小さな法廷です。

 

  マスコミは、
  ◯ TBSが翌朝放送の予定だったところが、スノーボード選手の大麻使用の件があって流れたということです。取材継続
  ◯ 産経紙面版は、連休中に掲載予定。 (全国版なら影響は大きい)
  ◯ ニューヨーク・タイムズ東京支局は、取材継続。 (外人記者から、どうして日本だけダメなんですか?との質問があったが、誰も答えられなかった)
  ◯ TOKYO MXテレビは、続編企画中。

 

  マスコミ取材は今後も続くと思います。「医療大麻」という言葉ができるだけ多くの皆さんの耳に届けばいいと思います。最初は「あ、そんなこと言ってる人 がいたよね」のレベルでしょうが、本当はどうなんだろうと関心を持っていただける人が増えれば、運動は広がると思います。

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る