不眠症、強迫障害を伴う鬱病 骨肉腫切除手術の後遺症による慢性疼痛 匿名希望 2016年2月2日

————————————————
差出人 : 患者さん本人
病名   : 不眠症、強迫障害を伴う鬱病 骨肉腫切除手術の後遺症による慢性疼痛
————————————————
メッセージ本文:
15年もの間、鬱病で通院し抗うつ剤、抗不安剤、精神安定剤、睡眠導入剤を服用しております。7年前には左肩骨肉腫切除手術を受け、肩を支える骨と筋肉を切除しました。以来左半身(時には全身)の痛みがなくなることはありません。向精神薬、鎮痛剤の服用では改善されません。むしろ副作用と免疫力低下が心配です。1日も早く医療用大麻の使用が認められる事を強く望みます。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る