脳腫瘍 匿名希望 2016年2月2日

————————————————
差出人 : 患者さん本人
病名   : 脳腫瘍
————————————————
メッセージ本文:
お世話になっております。昨日は、お忙しい時にお電話失礼致しました。
私の脳腫瘍は、現存する場所が悪く過去4度の手術を試みましたが、摘出できない状態にあります。
過去、2回の抗がん剤治療も全く効果どころか逆効果で腫瘍が大きくなる始末です。腫瘍が大きくなりますと私の場合、てんかんも患っていますので、てんかんの痙攣発作が多発してしまい、頻繁に救急車のお世話になってしまいますので、何とかこの腫瘍を医療大麻で終治させたい思いで一杯です。闘病して最早、今年で16年目になりますので、肉体的にも精神的にも限界です。
現状としまして主治医からは、これ以上の手術はできないと言われていますので、病院の現代医療では治療法がない状態です。
拠って、現在は食事療法や断食療法・抗がん漢方などの自然療法に頼っています。
しかし、これらの治療法は即効性に欠けていまして、現状は、悪性脳腫瘍の進行が強く、左の手足の神経が圧迫され、左手の麻痺と歩行困難に襲われ、
仕事どころか私生活も通常に送ることができない状態にあります。そんな時に運良く医療大麻では、てんかんにも脳腫瘍にも効果があると友人から聞きまして、
1秒でも早くこの日本という国で、この治療が受けられる日を夢見ています。
拠って私のような患者にとりましては、貴殿の日々の尽力と御活躍は、命の源になります。ご苦労様です。そして、ありがとうございます。人間の強い想念は必ず現実になると云いますよね。
私も微力ながら、これからも貴殿の御活躍を支えられるように命あることに感謝して頑張って生きます。

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る