医療大麻記念切手で山本裁判を支援しよう!

[画像] 大麻の葉の記念切手

 

 
  郵便局が株式会社化される前、自分の好きなデザインを入れた切手を作るサービスがあった。

  申請すればすんなり通ると思っていたら、「誰の写真?」「この写真の所有者は、大麻栽培免許を持ってるのか」「畑の住所は?」とかなり厳しく突っ込まれた。結局、栽培免許を持った人だということで、審査は通過した(栽培免許のコピーを見せろとは言わなかった)。
  1枚80円で10枚シートなら800円のところ、郵便局の利益をのせて1000円だったと思う。もちろん使えるが、目打ち(切り取り用ギザギザ)がないので、ハサミで切って使う。
  このサービスは株式会社化した今も継続しているようだが、「公序良俗に反するデザインはダメ」という厳しい条件がつけられているようだ。裸、政治スローガン(原発反対、戦争法案反対、安倍政権打倒など)とかはダメで、大麻もダメゼッタイになっているはずです。
  以前は拒絶する場合はきちんと理由を説明しなければならなかったが、株式会社化してからは「公序良俗に反する」という一言で拒絶してくるだろう。
私はこの切手を500枚作り、あと200枚(20シート)ぐらい残っている。
  1840年、世界で初めての郵便切手BLACK PENNYがイギリスで発売されたが、現在では使用済みでも数万円はする。日本の大麻切手、たぶん日本では当分作られることはないプレミアム切手になるだろう。
  医療大麻合法化・山本裁判にカンパしていただいた人に差し上げるのが最も適切だと思う。

 

  カンパ3000円につき、大麻切手1枚進呈。

 

 

■ 振込先
銀行名:スルガ銀行
支店名:
辻堂
口座番号:(普)2708460
名義人:ヤマモトマサミツ

 

連絡先:
山本正光さん
regal44@ezweb.ne.jp

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る