第12胸椎脱臼骨折による両下肢機能の全廃(脊髄損傷) 平等

————————————————
差出人 : 平等
病名   : 第12胸椎脱臼骨折による両下肢機能の全廃(脊髄損傷)
————————————————
メッセージ本文 :
約25年前に交通事故に遭い、脊髄損傷で下半身が全く動かなくなり
以来、車椅子で生活しています。
その生活の中で臀部の褥瘡を頻発し、その都度手術を受けてきました。
自分の障害の度合いでは普段、全く下半身の感覚は有りませんが、
雨や天候によってその手術箇所(お尻)から足の指先にかけて鈍痛が続きます。
お医者さんに相談しても神経の痛みだから良い改善策がまだ無いそうです。
そして、去年からアメリカのシアトルへ旅行の際に嗜好大麻を知って試したところ、
その痛みが嘘のように治まりました。
一週間ほどの滞在中に使用し、帰国後はまた痛みに耐えて生活しています。
でも毎年その為に障害基礎年金を貯めて旅費に40万円も掛かるのは、同じ人間として不公平にも思います。
グアムの医療大麻合法化に向けての記事を拝見しました。
グアムでの日本人受け入れが決まった際には、是非参加出来ないかと思い連絡させて頂きました。

 

あと自分はいま車椅子で音楽活動(ロック)をしていますが、自宅でDTPの作成もできますので旗やポスターのデザイン等、自分にお手伝い出来る事があれば是非そちらでも協力させて頂ければ嬉しく存じます。
何卒 宜しくお願い申し上げます。
1日も早く日本でも解禁になるよう、切実に願っています。


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る