2015年 9月27日 「医療大麻講演会 東京・北沢タウンホール」 報告

  約50人の参加者で講演会が開催された。末期がんの患者さんなどの参加もあり、患者さんたちの関心の高さが感じられた。
  「医療大麻の真実」の著者福田医師の講演から始まった。医学部とか薬学部の学生を対象にするような高度な内容で、初めての人には少し難しかったかもしれない。ただ、大麻の効果には医学的裏付けがきっちりあることが確認され、医療大麻合法化運動をすすめるための確信につながった。
  その後、会の前田が講演し、日本で医療大麻合法化を具体的にすすめるための提案がなされた。
  北海道からの参加もあり、懇親会では、今後、全国で勉強会を開催することについても話し合われた。
  初めての講演会ということもあり不慣れな点もあったが、今後、持続していくことで主催者の意見が一致した。

 

[画像:左上から順に]

 

○ 福田医師の講演
○ 大麻の医療使用が正当化される場合がある(大阪地裁判決)
○ 具体的な提案
○ 「医療大麻基本法」素案
○ 疼痛患者への供給と社会生活 

 

 


← 前ページに戻る

← HOMEに戻る